dnewsb.png  ダイエット情報サイトが新しくなりました。
 新着ダイエット情報は左アイコンをクリックしてください。

ダイエット.jp


ダイエットは、無理をせず “継続していくこと” が大切です。
 美しい体は痩せすぎても太りすぎてもいけません。個々のベストとなる体型を知ることが重要です

 dnewsb.png  ダイエット情報サイトが新しくなりました。
 新着ダイエット情報は左アイコンをクリックしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 dnewsb.png
Posted by GQ on  | 

脳が痩せることを拒絶!? 脳を騙して痩せる方法!

ダイエットに失敗したり、リバウンドしたり・・・
ダイエットをする人にとって、一度は経験したことのある出来事だと思います

体は食べたらダメだと思っているんだけど、我慢が出来ず食べてしまう・・・
そして、そこからはもう止まらない!!!

っなんてこともあります。

これは、脳が関係しています
体に取り入れた栄養を感知するのは脳で、体に必要な栄養が減ると
飢餓感が高まってしまいます。


食事を急に減らすなど極端なダイエットをすると、脳が自身の周りに食べ物がないと思い
「生命の緊急事態」と脳が警告を出します
このため、食べたらダメという意識とは裏腹に、脳が勝手に自制心を押さえつけてしまうのです。

脳は、体のすべてを支配している司令塔です。
このため、脳に背くのは困難となるのです。

飢餓状態と認識した脳は、「次にいつ食べ物が食べられるか分からない」と判断します
このため、食べ物を食べると、消費エネルギーより脂肪に多く栄養が蓄えられてしまいます
これがリバウンドの原因。


しかし、意思は、脳に勝てなくても、脳と対決するこは出来ます
ます、こちらの画像を御覧ください
ダイエット1

どうですか?
では、
次にこちらの画像を左から右に御覧ください
ダイエットJP

そうです。実は、一枚目の画像は、顔が凹んでいるのです
皆さんは、「トリックアート」という物をご存知でしょうか?
ある一点の方向から見たら、絵が飛び出したりする不思議なアートです。

上記画像のように仮面の顔が浮き出していたと思ったら、実は凹んでいたなど様々なアートがあります
これは、「脳の錯覚」を利用している作品です。
つまり、「脳を騙している」ということ。 
脳は、これまでの経験や知識から「理解できないもの」を「理解できるもの」へ
変換する機能があります。

画像1枚目の顔は、脳が「顔が凹んでいるはずはない」と勝手に錯覚し、無意識に正しい顔の状態へ変換させています
結果、浮き上がって見えるのです。

この脳の錯覚を利用してダイエットに活用します
例えば、クッキーがあります。
砂糖たっぷり使うクッキーですが、
このクッキーの成分を、サクサクした野菜に変えてみます
形はクッキーなので、脳が「これはクッキー」と思い込みます

お菓子ではなく、野菜を摂取したことになるので、糖分を抑えることが可能です。
できるだけ脳を錯覚させるために、そのお菓子に合わせて食感も変えるのがポイント
甘い香りも付けると更に効果的です。

関連記事



 dnewsb.png
Posted by GQ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。